日本人の平均年収から感じる副業の重要性

みなさん、日本の平均年収はいくらか知っていますか?

「国税庁の民間給与実態調査」より、現在の日本人会社員の平均年収は「432万円」といわれています。

この場合、手取りではなく「総支給額」です。


総支給額が「432万円」の場合、手取りは「約340万円」です。(独身の場合)
男女別でみると、男性の平均年収「521万円」(手取り、約406万円)で、女性の平均年収は「276万円」(手取り、約221万円)だそうです。

この平均年収を見て、みなさんはどう思われますか?


筆者は率直に言って、平均年収がとても安いと感じました。
(筆者の年収が良い訳では決してありません。)

なぜ安いと感じたかというと、仮に手取り340万円で4人家族(夫・妻・子供2人)が暮らして行こうとすると、かなり節約をした生活を送らなけらばならないからです。
子供に十分な教育環境を与えてあげるのでれば、4人家族で手取りが340万円だとかなり厳しい状況と考えられます。


もちろん年収の手取りが340万円あれば、独身の方や子供がいない夫婦(共働き)の場合、340万円で極端な贅沢をしない限り、十分に暮らしていけると思います。
ですが、この平均年収から見て分かるように、私たちが通常に働いているのであれば、年間340万円を手にするのが限界なのです。


このような背景から昨今では、家族を持っている会社員が副業をするケースが増えています。
ですが、副業は「何か特別なスキルを持っている人」がするもの。
というように、非常にハードルが高いイメージになっているのも事実です。

筆者も実際に「副業をしよう!」と、インターネットで様々なことを検索しましたが、条件に当てはまるのは「プログラマー」「マーケッター」「デザイナー」など、長年スキルを磨いた人しかできないようなお仕事ばかりでした。


確かに休日を返上して、体力勝負な副業をするという選択肢もあります。
ですが、普段は正社員として忙しく働いて、その上、休日を返上して体力仕事をするということは「非効率」であると考えられます。
(若ければ良いのですが、ある程度の年齢になると不可能に近いです。)

 

「じゃあ、どうしたら良いの?」と思われることでしょう。

 

その道のプロフェッショナルでなくても「稼げる副業」の受注をする準備を、インターネットサービスを介して行えば良いのです。
大手のソーシングサイトに登録している方々は、その道のプロとしてフリーランスで活躍されている方ばかりです。
そんな方々に、初心者の歯が立つ訳がありません。

そこで登場したのが「Novice(ノービス)」という、「初心者専門」のソーシングサービスです。


利用者は、低価格で仕事を「依頼」「受注」することができます。
「依頼者」のメリットとしては、数十万円するような案件を、数万円で依頼することができること。
「受注者」のメリットとしては、お仕事の練習場として、もし案件が困難でご自身には不可能だった場合、案件をキャンセルできるということ。

反対にデメリットとしては、
「依頼者」は、案件がキャンセルされる場合があるということ。
「受注者」は、対価が低価格だということ。

ですが「Novice(ノービス)」で、2~3件ほど案件をクリアすると、ご自身の経歴として紹介できるようになるので、大手のクラウドソーシングでも、仕事を受注しやすくなります。
パソコンとインターネットがあれば行える仕事がほとんどなので、本業のスキマ時間や、休日に自宅で数時間作業すれば良いだけです。

 

副業をしたいけれど「初心者だから自身が持てない…」という方に、ぴったりなサービス「Novice(ノービス)」

これを期に、副業デビューをしてみるのはいかがでしょうか?

 

【「Novice(ノービス)」はこちらから】