【外国で働く】海外就職・転職の方法とおすすめの移住先の国について

みなさんは海外で働くことに興味はありますか?

 

私は海外で働くことにとても興味があり、経験者に話を聞いたり、インターネットで調べたり、海外転職サイトに登録したりしています。

 

そこで今回は「海外での就職・転職するにはどのような方法があるのか」「海外で就職・転職にはどの国がおすすめか」をご紹介します。

 

日本で就職後、海外へ

 

外資系企業で働き、希望して海外で駐在員として働く

 

メリット

日本の給料や福利厚生をもらいながら、現地で生活することができる

語学学習や住居など、現地で必要になる費用は会社が負担してくれる

現地で働きながら、他の就職先を探すことが可能

 

デメリット

自分が行きたい国に配属されるとは限らない

会社辞令のタイミングで日本へ帰国、他の国へ行かなければならない

転職・退職時は会社のルールや規則に従う必要がある

 

数年間、日本で経験を積み貯金をしてから転職

 

メリット

社会人としてのキャリアがあるので、他の国へ行っても仕事がしやすい

貯金があるので、給料が安い場合でも現地での生活が可能

 

デメリット

日本で当たり前が常識と感じるので、文化が違う海外で仕事をする上で不満が溜まりやすい

年齢や経験値により、やりたい仕事のレベルが上がる

(仕事に対してのプライドが上がる)

 

現地で直接就職する場合

 

インターンとして働きながら、現地に馴染む

 

メリット

会社がビザや生活面での援助をしてくれる

語学が堪能でなくても、自分のできる仕事からスタートしてキャリアアップすることができる

 

デメリット

給料が極端に安い、無給の場合も多い

雑用として扱われることもある

日本へ帰国した際に、貯金がない

 

日本人観光客が多い国で働く

 

メリット

日本語が話せるだけで仕事ができることが多い

日本人コミュニティーがあるので、困ったときに相談や助けを求めることができる

 

デメリット

海外に住んでいるのに、日本にいるのとさほど変わらない生活になる

日本の文化が最優先になり、滞在先の文化やルールを学べない

 

フリーランスになる

 

メリット

日本の企業や個人と仕事をすることで、日本円でお金を稼ぐことができる

インターネットや通話ができれば、どの国に行っても仕事ができる

自分のペースで仕事ができる

 

デメリット

日本円でお金を稼いだ場合、日本よりも物価が高い国で生活をするのは大変

日本と時差がある国に住む場合、日本時間に合わせて生活する必要があることもある

 

海外就職・転職でおすすめな国5選

 

タイ(バンコク)平均年収【約140万円】

 

インターネットが安定している

日本人観光客や駐在員が多い

英語が通じる世界的にも有名な観光地

物価が日本よりも安い

都会なので生活の不自由があまりない

 

マレーシア(クアラルンプール)平均年収【約180万円】

 

治安が良い

物価が安い(宗教上アルコールは高価)

マレー系、中華系、インド系の人々が暮らす為、ほぼ全員が「母国+英語」を話すので、英語だけで生活ができる

 

フィリピン(セブ島)平均年収【約50万円】

 

物価が安い

日本人観光客や留学生が多く仕事が見つかりやすい

海がキレイ

年中暖かく冬がない

明るくオープンな国民性

 

アメリカ(ハワイ)平均年収【約520万円】

 

日系アメリカ人が多く、日本の文化を理解する人が多い

日本人向けのショップやレストランが多く、働く場所を見つけやすい

オーガニック製品が豊富で健康的な生活が可能

 

オーストラリア(メルボルン)平均年収【約700万円】

 

ヨーロッパのような雰囲気でアートも盛んな街

カフェやレストランが多く、飲食店で働きやすい

郊外には広大な自然がある

給与が高い

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる海外就職・転職方法や、移住先はありましたか?

 

生活水準や言語、日本との違いなどをよく理解した上で「海外就職・転職」を行えば、後悔がない「憧れの海外生活」を送ることが可能です。

 

今回の記事が参考になればと思います。